2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.04 (Mon)

修士演奏、終了しました!

修士演奏が近づくにつれて暴飲暴食が激しくなっていき、ついには食費だけで1日5000円を越える日もありました。どうもこんばんは、最近ちょっと肥えたかな?haruでございます。(一週間色々我慢すれば痩せると信じてます)

先月の最終日、1月31日に大学最後の試験である修士演奏が終わりました。

今回のプログラムは、

・Ritual ~for Drumset and Piano / Louis Cauberghs
・影法師 / 山田信晴
・Matre's Dance / John Psathas

という、伴奏付きの曲2曲、自作の打楽器ソロ1曲の計3曲を演奏させて頂きました。

打楽器ソロの自作自演シリーズは今回で3回目なのですが、1、2作は風景やら空気感、趣といった面にスポットをあてて作ってみたのですが、今回の3作目はダークなヒューマニズム溢れる作品にしたかったので「影法師」という名前がつきました。(実際は曲目の提出期限が迫ってた時に後輩達に色々な案を出させてその中から選んだんですけどねw)

初期の構想段階では結構いろいろな事(ワイングラスやシャンパングラスに水を入れてこするとか、空のグラスを叩くとか)を考えていたのですが、いざ楽器を並べて音を出してみると、いやこんな音が欲しいんじゃない!とか、こんな無茶な奏法は出来る訳が無い!とか、沢山の問題点が出てきて、元々考えていた譜面を試験2週間前に全て破棄した時は本当に卒業出来ないかもと思っていました(苦笑)
なんだか締め切りに追われる漫画家の気持ちが少しだけ分かった気がします←

しかし、土壇場になっても同級生や先輩、後輩、プレーヤー仲間、作曲家の先生、打楽器客員教授の山口恭範先生のお力添えもあって、何とか形になったこの曲、少しでも聴いて頂いた皆様の心に何かを残せたらと思います。

御陰様で演奏会に出演出来るかどうかのオーディションも無事に通過して、3月5日の大学院修了演奏会に出演させて頂ける事になりました。
恐らく大学主催の演奏会でワタシが学生として出演する最後の演奏会になると思います。

興味を持って下さった方は是非!3月5日、名古屋は伏見にあるしらかわホールへお越し下さいね♪

ではではまた〜♪20130128183048jpg.jpg
01:56  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://groovemaster.blog.fc2.com/tb.php/94-7d7aac53

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。