2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.12.31 (Mon)

今年を振り返って…

連日、スーパー銭湯の強力ジェット水圧風呂で腹筋を鍛えているおかげでようやくたるんだお腹が少し引き締まってきて喜んでいるところに「最近太った?」の一言を良く浴びせられます。こんばんは、haruでございます。なぜだ。


さてさて、今年も残すところ後数時間となりました。
ワタクシは30日の午後11時頃から部屋の大掃除を始めまして(近所迷惑)、ようやく今片付け終わりました。
しかし片付けていると昔の懐かしいあんなものやこんなものとかも出てきちゃったりして中々作業が進まないのがこの大掃除の醍醐味でございましてね、そりゃあもう、忘れ去りたい過去の遺産やら、小っ恥ずかしい代物やら、何故かシスターのコスプレ衣装まで出てきましたよ!!←(あ、言っておきますけどそう言う趣味は無いですからね。なんでこんな物が…)

というわけで、ザザッと今年一年を振り返ってみたいと思います!!

1月
指揮者の岩井先生にニューサウンズインブラスのレコーディング会場まで連れて行ってもらい、色々なプレーヤーの方とお話しさせて頂いたり、レコーディング風景を見学させて頂きました!エリックさんかっこ良かったなぁ…!
打楽器アンサンブル曲マリンバスピリチュアル本番ラッシュの1発目があった月でもありましたw

2月
大学の演奏会で、オペラ「フィガロの結婚」を松尾葉子先生指揮で演奏させて頂きました。以前にシュトラウスの「こうもり」やビゼーの「カルメン」は参加させて頂いた事があったのですが、ティンパニで、しかも古典派オペラを演奏させて頂く機会は初めてだったのでとてもいい勉強をさせて頂きました。
マリスピ2発目の本番もありましたw

3月
大学打楽器科の定期演奏会がありました。メインはチャイコフスキーの「1812年」。最初はこんな大曲出来るんか!?と思っていたのですが、メンバーみんな時には涙を流しながら頑張ってくれたおかげで、とてもいい演奏が出来たと思います。ワタシはわけのわからん指揮を振っておりましたがw
月末には大学客員教授である山口先生がゲストで出演なさる演奏会が京都であるということで、打楽器メンバー数名でプチ旅行気分で京都へ!!現代曲の魅力に取り憑かれた瞬間でもありました。本当にとても素晴らしい演奏でした。

4月
シエナウインドオーケストラのオーディションがありました。この日の為に結構頑張ってマリンバも練習したのですが…本番では練習の10%も自分が出せず、全くいい所がありませんでした。この時の悔しさは一生忘れないと思います。そして、親の偉大さを感じた日でもありました。(詳しくはFacebookで)
マリスピ3度目の本番もありましたw

5月
シエナの雪辱を晴らすべく受けた「岐阜国際音楽コンクール」。おかげさまで、1位と岐阜県知事賞を頂きました。しかし、この時の演奏は自分自身そこまで納得出来る演奏ではありませんでした。実は2013年1月半ばに神戸国際音楽コンクールというものがあって、そこでもまた同じ曲でチャレンジする予定なので、この時以上の演奏が出来るよう頑張ってきます!!

6月
ワタシが中学校の時の同級生のお父さんが入っていた「愛町マーチングバンド」の演奏会がありました。
マーチングの演奏を生でしっかりみたのは本当に久しぶりで、途中不覚にも(?)涙を流しそうになってしまいました。でも本当に素晴らしい演技、演奏で聴きに来ていたお客さん全員が確実に感動している素敵な演奏会でした。

7月
毎年恒例の台湾ツアー!!1週間とちょっとの間滞在して、沢山叩いて、沢山食べて、沢山寝て、しっかり太って帰ってきました!(当たり前)また来年もあるそうなので、今のうちから楽しみにしています♪

8月
山田信晴企画の打楽器合宿in岐阜県白川町黒川!!今年で2回目だったのですが、何と今年は村の大イベント、夏祭り花火大会のステージで演奏させて頂く事が出来ました!!お客さんも大変喜んでくれていたのでメンバーも大満足でした!!川遊びもして、流しそうめんもして、カレーも食べて、花火もして!!夏のイベントをほぼ網羅した素敵なイベントになりましたw来年も出来るかな?w

9月
大学主催の演奏会「オーケストラとソリストたちの夕べ」があり、ワタシはミヨー作曲の「小管弦楽と打楽器の為の協奏曲」を演奏しました。高校生の時にも一度オーケストラと共演させて頂いたのですが、やはり大学、しかも院に入ってから改めて曲と向き合うと様々な観点からまた違ったアプローチを考える事が出来てとても有意義な演奏会になりました。演奏は自分の中ではイマイチでしたが、それと同時に課題も見えたので今後に生かす事が出来ました。

10月
東京佼成ウインドオーケストラのオーディションがありました。4月に行われたシエナのオーディションの時の反省を生かして臨んだのですが…結果はあえなく惨敗。やはり前回のトラウマの様な感じで恐怖心が残ってしまっていましたが、大学の先生から「いかに自分でいられるか、自分の空間を作り出すか」という事が、今後オーディションを受けて行く上でキーになってくるとの話を聞いて、まさにその通りだと痛感しました。これもまた今後に生かせる貴重な経験になりました。

11月
大学打楽器科でスティーヴ・ライヒさんの作品をテーマにした演奏会を行いました。ライヒさんの曲のスタイルはミニマルミュージックという手法で、ともすればとても退屈な音楽にも聴こえてしまうのですが、聴きにきて下さった一般のお客様の中でも高齢の方々からの評価がとても良くて、意外であり、嬉しかったです♪この演奏会のおかげで現代曲、ミニマルミュージックへの関心も深まりました。
それともう一つ、高校の頃から出演し続けた「コンテンポラリーミュージックコンサート」がありました。
今年で7回目の出演。これで最後かと思うとちょっと寂しいですが、これからも何かの形で応援して行けたらなぁと思います!

12月
大学のオーケストラ定期演奏会がありました。大学1年生の頃から出演し続けてきた演奏会の1つですが、ラストの年はのだめカンタービレで有名になった、ベートーヴェン作曲の「交響曲第7番」のティンパニを担当させて頂きました。オーケストラの中でのティンパニの役割、位置、音色、様々な意見があり、とても苦労しましたが、何とか無事に本番を終える事が出来ました。演奏が終わった後の大きな拍手を聴いて、あぁ…音楽やってて良かったなぁ…と痛感した事を覚えています。


とまあこんな感じで大雑把に一年を振り返りましたが、なんだかんだで結構チャレンジした年だったかなぁと思います。

来年の抱負は…そうですね、それはまた次回、年が明けてから発表したいと思います♪
というわけで、来年も「太鼓を叩く異端児」よろしくお願い致します☆

それでは皆様、残りわずかですが良いお年を!!
04:14  |  雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

スーパーコピーブランド

俺的にはいつも笑顔で悔しくてもそれを口にしないってアイドルに飽きてたから新鮮な人だった。
スーパーコピーブランド |  2013.01.02(水) 06:20 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://groovemaster.blog.fc2.com/tb.php/89-75c82540

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。