2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2012.08.05 (Sun)

買っちゃいました。

毎回レンタルCD屋に行くと、〜枚で〜円という謳い文句に負けて大量に借りてしまうのですが、借りるジャンルがバラバラ過ぎてレジの店員さんにギョッとされる事がちょいちょいあります。こんばんは、haruでございます。(基本的にアニソンは外せない)


本日は、とんでもなく暑い中、来月の演奏会で着る為の燕尾服を捜索しに、西へ東へ奔走しておりましたが…

【〜続き〜】


そうしたら私、巡り会ってしまったのです!!


110613_BB1.jpeg

アメリカ生まれの電子メモパッド!
その名も『BoogieBoard(ブギーボード)』!!

特徴としては、
・感圧式の液晶画面、筆圧に応じて線の強弱がつく
・何度でも書ける
・サイズはA5サイズ程度
・内蔵されている電池で、5万回の書き換えが可能(1日10回で13年以上)
・重さは115g(タマゴ1個分)、薄さは3.2mmと軽量、超薄サイズ
・記録機能は持っていない
記録機能が付いたバージョンの物も出ているのですが…いかんせん値段が張るので今回は記録機能無しを購入しました!!まぁ、記録は携帯のカメラとかで撮ればいいかと思ってw

レッスンの時とか、ホワイトボードや黒板が無い時、あと打ち合わせの時とかに使えるかなぁ〜…と思って前から欲しかったのですが、どこに行っても無くて、今日ようやく巡り合いました!!良かったー!!


…え?燕尾服を買いに行ったのになんでそんな物をって??


あ、そうそう、燕尾服燕尾服!!それを買いにあっちこっち走り回ってたんですよ!!←


というわけで、こちらを購入しました!!!










siren_whistles.gif


あ、まだ帰らないで下さい説明だけでもさせて下さい←
こちらの商品はですね「サイレン・ホイッスル」と言います!!
何と、説明がWikipediaに載っていたので転載させて頂きますねw

サイレン・ホイッスル(英語:siren whistles)は、笛の一種で、打楽器に属する楽器。
強く息を吹き込むと内部のファンが回転し、その名の通りサイレンのような音が出る笛である。音は文字で書き表しがたいが、あえていえば「ファーン」とか「ヒューン」といったような感じの音である (実際のサイレンの「ウー」といった音とは若干印象が異なる)。
長さはおよそ5〜9cm程度。重量はおよそ50〜80グラムほど(材質による)。筒状の楽器で、銀などの鉄で出来ていることが多い。発祥はイギリス。
一般の笛と同じく、強く吹けば吹くほど音は高くなる。人にもよるが、吹きはじめにかなりの息が必要になる。
楽器としてのサイレン・ホイッスルは 主に吹奏楽やオーケストラなどの楽曲の演奏に使われるが、それ以外の用途としては 磯釣り・渓流釣り・山登りなどや 緊急時の合図としても使われる。



いや、別に釣りの合図の為に購入した訳では無いですよ?ww
この楽器、実は私と一緒に演奏して下さる打楽器の方が持っていて、前々から欲しいな〜欲しいな〜…と思っていたのですが…まさか今日出会えるなんて思いもしませんでした!!(ちなみにこんなチンチクリンの笛ですが8000円位します!!なんという事でしょう!!)







…ええ。まぁそのなんですか。そんなこんなしてたおかげで燕尾は…見つかりませんでした(苦笑)
でも一応お店の目星はついたのでまた後日再トライしたいと思います!!(ってか本番までに間に合うのか?w)


ではではまた明日☆
23:51  |  打楽器・ドラム  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

おー!ノート!
 |  2012.08.06(月) 23:56 | URL |  【編集】

名無し様→ちょっと笑いましたw
山田信晴 |  2012.08.07(火) 22:55 | URL |  【編集】

えっ、なんでですか!?
 |  2012.08.09(木) 13:54 | URL |  【編集】

名無し様→いや、なんかOH!!No!!みたいな感じだったので…(苦笑)
haru |  2012.08.09(木) 22:46 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://groovemaster.blog.fc2.com/tb.php/38-0e78416b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |