2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.06.27 (Wed)

山田信晴の鉄板ネタ

こんばんは!!

本日も長文更新となってしまいました(汗)

今回は、山田信晴の事を知っている半分以上の人が聴かされたであろう山田信晴の鉄板ネタ。

とある日の悲劇についてアップしたいと思います(食事中の方は閲覧を控えた方がいいかもしれません)

【〜続き〜】

※これは実際にあったことです。
※お食事中、またはそれに類する行為をされている方は決して閲覧しないで下さい。
※haruのイメージを崩したくない方は決して閲覧しないで下さい。
※緊急事態とはいえ良い子の皆さんは決して真似をしないください。
※おもわずニヤリとしてしまった人はコメントを残して下さい。
※同じような体験をしたことがある人は今日から心友です(強制)
















それはとある日の昼の事。









私は所用の為隣の市にある大型ショッピングモールにいた。




目的の商品を探す為に敷地内を行ったり来たり…




服屋さん、雑貨屋さん、おもちゃやさん、電気屋さん、色んな所がありました。




余談ですが…
おもちゃやさんの側では「ベイブレード大会」なるものが行われていてこの世のものとは思えないほどのありえねえ行列が出来ていました。
昔でいうミニ四駆入れみたいな箱の中に沢山のパーツと器具を入れた男の子達と、子ども以上にベイブレードにのめりこんでしまってまるで子どものような父親達と、父親のそんな姿に呆れ顔で買い物袋をぶら下げながら母親とともに父親の背中を見ているまるで親のような姿をした娘達がそこには在り、現代社会の親子の関係というものは非常に興味深いものがあるなぁ…などと横目でその会場を見ながら考えていました。



そんな中、急に1筋の電撃が私を襲いました。











F






U







K





U





T





U





U







そう、FUKUTUU(腹痛)。

あの本屋さんとかの圧迫感によって引き起こされる現象ですよ奥さん。



もうそのときのharuの表情は今にもふきこぼれそうな鍋のような、そんなギリギリの形相だったことでしょう。



コレまで培ってきたお腹とお尻の筋肉をMAXまで使って色々な部分の蓋をして。


なんだかちょっと内股気味で左手をお腹に、右手をわき腹にセットし、沸騰した形相のharuは欽ちゃんばりの小走りでトイレに向かって行きました。

このトイレに行くまでの道のりに会った数名のお客さんは、私の顔面の沸騰具合をみて、恐らくなにゆえにそのような事態になってしまっているのか把握したのだろうと思います。速やかに道を空けてくださいました。




さあ、トイレに到着して、あの個室空間へ…と以降としたそのとき。














満室















まんしつ















Mannsitu(満室)











恐らくそのときの私の表情は↓

Σ(◎盆◎;)



みたいな感じだった事でしょう。

しかし、そんな表情をしてる間にも彼等(They are)はもうすぐそこまでいらっしゃってるのです。もう門を開くのみなのです。open the doorしてくれと必死に呼び鈴を鳴らし、門を叩いてらっしゃるのです。



haruは考えました。





そうだ!!障害者用のトイレがあるジャマイカ!!!





私は再び走り出しました(沸騰欽ちゃんで)




8秒後、障害者トイレをハケーン。



駆け込みます。









がらがら









…(沈黙1、34秒)









(;◎盆◎)   (´ω`@)<プリッ









sennkyakuuuuuuu!!!!!(先客さんがいらっしゃった!)



しかもNOW!!Going!!ぷ、ぷりっって!!!!(haru心の叫び)





すぐさま戸を閉めました。









あぁ、神様、私はもうダメかもしれません。






諦めかけたそのとき。














「kids toilet」












キターーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!












かけこみました。
もう恥を捨てて。







そしたらね。







私の両靴のサイズ(26+26)+αなのよ。







便器がwwwww









いや、しかしね、もう我慢できないわけで。



ハイメガ粒子砲というか、波動砲というか、イオナズンというか、アルテマというか、インディグネイションというか、まぁ、そんな感じのアレをその程度のもので防ぎきれるのかとも考えましたがね。



もう常に片手を蛇口にそえてwaterながしっぱで頑張りましたよ。







しかし、恐ろしいのはここからで。



このトイレ、子供用なので、親がうえから見えるぐらいの高さの塀しかないのですよ。





つまり。
○←踏ん張ってるharu
1←壁
●←他の親の目線
で横から見た図を作ると。


  ●
 1
○1



みたいなね。





計4組の親子が私の戦いを観戦しておりました。

















みんなはちゃんと大人用のトイレにはいらないとだめだぞっ♪(笑えよ)
23:57  |  笑い話  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)

Comment

今でもお店にいくと思い出します(-_-;)
もやし |  2012.07.03(火) 00:35 | URL |  【編集】


もやしさん→依存性があるネタですからね!!w
もやしさんも気をつけて下さいww
haru |  2012.07.03(火) 16:07 | URL |  【編集】

寝起きから笑わせて頂きました。
おばちゃんが鍵をかけずに用をたされていて空けてしまったことはあります。
壁の問題を除けば、私なら子供用トイレのがサイズあってるかもしれませんね。
もとみ |  2012.07.05(木) 07:07 | URL |  【編集】


もとみさま→朝からの笑いは非常に健康的らしいですよ。おそらくもとみちゃんならあのサイズでも大丈夫かもしれないね←失礼ww
haru |  2012.07.05(木) 08:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://groovemaster.blog.fc2.com/tb.php/3-bca3ee37

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。