2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.17 (Tue)

ついつい買ってしまう商品

サイフの中に十円玉が貯まって来たので、380円の商品を百円玉4枚、十円玉3枚で購入したら十円玉が5枚出てきました。どうもこんばんはharuでございます。(すぐにニヤッと出来たあなたは理系ですね。)

本日はお昼から大学でサックスカルテットとの合わせ!その後に今度から新しくレッスンさせて頂く事になった楽器店に挨拶と履歴書提出に行き、夜は地元の楽器店でドラムのレッスンでした!!

いやぁしかし今日はとにかく暑かったですねー(汗)

【〜続き〜】

外気温が35度を越えるといつも思うのですが、あぁ、自分がスモールライトを使って小さくなって人間の体内に入った時はこれくらいの温度なのかなぁ…とか、今日はちょっと微熱くらいの温度だなぁ…とか考えてる私はちょっと変な人ですかね??いや、皆さん思ってますよね。そうに違いない。


んでもって暑い→汗をかく→喉が渇く→飲み物を買う


という流れになるのですが、私見つけてしまうと必ず買ってしまう飲み物があります。それがこちら。




o0347038611482479621.jpeg



「伊右衛門 Green ESPRESSO」

なんですけどもね。

まぁこの写真の様に、グラスに移してしまうとどぶ水というか、コケが生えた水槽の水というか…まぁなんというか綺麗な物ではないのですが、一口飲んでみると緑茶の様に飲みやすいのに、缶にも書いてある様にマッチョ…いや抹茶の深いコクと余韻が感じられる素晴らしい一品です。もちろん香りもお茶のいい香りがしますよ♪
せっかくなのでサントリーさんのコメントもここに載せておきますね!

●中味の特長
濃厚でしっかりとした香りと旨みを引き出すため、京都福寿園の茶匠が厳選したかぶせ茶※を高温短時間で抽出、さらに石臼挽き抹茶を贅沢に使用することで、深いコクと余韻を愉しめる味わいに仕上げました。
※かぶせ茶とは新芽の生育期に日覆いをして育て製茶した茶葉のこと。渋みが少なく甘みのある味わいが特長。

●パッケージの特長
抹茶の上質な香りをお愉しみいただけるように広口ボトル缶を採用しました。黒のストライプをベースに、きめ細やかな抹茶の粉末を鮮やかな色合いでデザインし、中味のおいしさを表現、さらに背景に“和”のイメージとして松の木のイラストをあしらいました。

いや、そうそう。パッケージ。これもなかなか素敵でですねぇ。ブラックコーヒーのボトル缶って凄くスタイリッシュで飲んでる人がなんだかかっこ良く見えるけどもコーヒーはあんまり好きじゃないんだよなぁ…って方には超オススメな商品ですよ!!
ホントぱっと見たときコーヒーかと思いましたしw

見てよし、飲んでよしの素晴らしさ!!どこぞのトマトなんかとは大違い!!あ

まだ一度も飲んだ事が無い!!というお茶好きのそこのあなた!!是非是非一度飲んでみて下さい!!おお〜!美味しい!!って絶対思えるはずですよ!!(・∀・)


さて、明日は豊橋の学校までレッスン!!移動もがんばるぞー!!

ではではまた明日☆
01:43  |  雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

わざわざネットの写真を!

どこぞのトマトといいますが、あれでも(←)トマトは江戸時代毒があると思われていて鑑賞用になってたんですよー!
床 |  2012.07.18(水) 08:45 | URL |  【編集】


床様→そうなのですか!?!?いやきっと今もありますって毒。そのまま観賞用になっていれば良かった物を…
haru |  2012.07.18(水) 23:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://groovemaster.blog.fc2.com/tb.php/21-5588de0f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。