2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014.02.19 (Wed)

最近

 コンビニで新商品!と書かれている物に割と釣られてしまうのですが、往々にして後悔する事が多いにも関わらず、未だに新商品を買う癖が直らず、仕事場の人にその話をした所、「新商品とか、新しい物に目移りしやすい人は、お嫁さんもらいにくい人らしいですよ」と鋭利な刃物の様な言葉を頂きました。こんばんは。haruでございます。結婚したいですよ私だって。




本日は一冊の本をご紹介します!!こちら!!




1391957871674.jpg 


野島伸司さんの作品「聖者の行進」!
野島伸司さんと言えば、今をときめかせる(?)「明日、ママがいない」の脚本、監修でも有名ですが、「家なき子」や「高校教師」、「薔薇のない花屋」など沢山の有名作を世に出された方でもあります。

今回ご紹介する「聖者の行進」は、私がまだ父の仕事の関係で和歌山にいた頃、テレビドラマで放送されていたのを見たのがきっかけで知った作品です。
当時まだ小学校低学年だった私は、21時になると眠くなるという魔法の力を備えていたのですが、何故か、このドラマが放送される金曜日だけは、夜更かしさんになったのです(笑)まだこの頃は土曜日も学校があった時なので、次の日の朝はなんだか身体が重かった事を覚えています(笑)

しかし、物語はそんな小学校低学年のちびっこが見て楽しいと思えるような内容ではなく、野島さんお得意の、心の暴力、いじめ、障害者、自殺問題など、現代社会の暗部を鋭く切り取った作品でした。

そんな物語を何故、私は好き好んで観ていたのか…その時は本当に何となく、気になったから見ていた。という感覚が一番近いかなと思います。確かに話は何となく分かっていましたし、泣けるシーンでは涙を流す事もありました。が、本当に物語を理解していたかどうかは…ちょっとわかりません(苦笑)

何故、今になってこの話を出して来たのかと言うと、先日某古本屋へふらっと入った時沢山の本の中からこの一冊がふっと目に入って来たのです。特にこの本を探していたわけでは無く、寧ろこの話の存在を忘れかけていたときの事だったので、なんだか凄く運命的な物を感じてしまい、すぐに手に取って購入してしまいました。

家に帰ってすぐに読書タイムでしたが、あっという間に読み終わってしまいました(笑)

やはり、あの頃分からなかった気持ちがとてもよく分かりました。そのせいもあってか、本を読みながら久しぶりに泣きました(゚Д゚)

そんな暗い作品ではありますが、是非是非皆様に知って頂きたく、紹介させて頂きました。ネットで検索すればテレビドラマの映像が見れる所もあるようです。個人的にはこの時のいしだ壱成は最高だなと思っております。あ、広末涼子も。


興味があれば、是非是非探してみて下さいね♪


ではではまた〜☆

00:06  |  雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://groovemaster.blog.fc2.com/tb.php/114-36f475ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |