2013年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013.04.24 (Wed)

仙波清彦師匠にお会いしてきました!!

自宅で飼っている犬の鳴き声が毎朝とんでもなくうるさくて、鶏の鳴き声の方がまだかわいげがあるわとつくづく感じる今日この頃、こんばんは、haruでございます。(コーギーなんですけどね。もう狂犬ですよ。ええ。)

先日17日に、名古屋は今池にある老舗ライブハウスTOKUZOさんへお邪魔してきました!!
ただ、お邪魔しに行った訳では無く、ちゃんとお金を払ってLiveを観に行ったんですよ!本当に!!(笑)

その日のライヴスケジュールは、

~やそ's Tokuzo Last Act~
「丁々発止~其の弐~」
■六柳庵やそ(唄・三味線) 仙波清彦(小鼓・打ち物)
梅屋巴(大皷)山田貴之(太鼓)福原百貴(笛)杵屋喜鶴(三味線)
■特別出演:杵屋彌十郎(唄)

というちょっとライヴハウスとしては変わったメンバーでしたw

このイベントのメインでもある三味線のやそさんと私の恩師が演奏仲間という事でお誘いを頂いたのですが、何より私は、あの、仙波清彦さんが生で聴ける!見れる!!ということで当日は名古屋駅から地下鉄今池駅につくまで鼻血が出そうなくらい一人で大興奮しておりました(笑)

何せ仙波師匠は私がドラムを習い始めて、「これを見て衝撃を受けなさい。」と、先生から貸して頂いたビデオテープ(DVDではない)に写っていた人物!!いわば、私にとってのアイドルなのです(笑)

その貸して頂いたビデオの一部分がこちら!

参考映像↓「仙波清彦とはにわオールスターズ」より「オレカマ」

http://www.youtube.com/watch?v=NlA1Su7XSyk

35秒くらいからの片手16部音符はもはや伝説として語り継がれている程有名な仙波フレーズですね!

そんな仙波師匠を間近で観れる日が来るなんて!!とうきうきしながらライヴハウスに入ると…超満員!!
60人も入れば満員じゃないかというライヴハウスに120人もの人がすし詰め状態でしたw
係のお姉さんに案内されたのは…なんと一番最前列!!!横も後ろもおばあちゃんばっかり!!!(笑)

係のおねえさん「はーいお姉ちゃんたちごめんねー!若いお兄さんはいるよー!!!!」

おばあちゃんたち「いやぁだぁ〜〜〜もぅ〜〜!!!としよりばっかでごぉ〜〜〜めんねぇ〜〜〜???キャッキャ」

山田「…あ、いえ…ごめんなさ…」


…中々パワフルなお姉様達でした(爆)


さて、開演時間になっていよいよ、目の前に仙波師匠が!!

前半は、古典的な邦楽の世界、小鼓、締太鼓、三味線、笛、長唄など、まさかライヴハウスで聴く事になるとは…という感じのプログラムw
しかし…素晴らしい世界でした。趣のある、間を重んじた和の世界。堪能させて頂きました。

後半は、清彦ワンダーワールドと題しまして(笑)仙波師匠とやそさんのやりたい放題のステージw
沢山の小物が出て来たかと思えば、ドラムセットをぶっ叩いて、だけど三味線と上手く絡み合ってもの凄いグルーヴィなパフォーマンスでした…本当に、言葉にできない私の文章力の無さ…(泣)だけど本当に言葉では言い表せない程素晴らしいステージでした。


演奏が終わって、客席に出て来た仙波師匠とお話する時間を作ってもらう事に成功しまして…


DSC_0723.jpg

お手伝いに来ていた先輩と一緒にちゃっかり写真も撮って頂きました(笑)


その後、自分のコンサートでオレカマを演奏した事を話すと、オレカマに関するあんな話、こんな話を教えて下さったり、そこから派生して、色々な音楽のプレイスタイル、楽器の話になり…


「まぁせっかくだから、飲みに行こうよ!」


な、な、な、なんと!!!まさかの二次会に参加させて頂ける事にもなり…朝の4時まで飲み明かしましたww


自分のアイドル的存在だった仙波師匠と話す事が出来ただけか、まさか酒まで一緒に飲んでしまうとは…本当に夢の様な一日でした…
東京に来たら、お稽古覗きにおいでーとかコンサート招待しますよーとかなんてフレンドリーな人なんや!!この人は!!とちょっとびっくりしてしまいましたがw(きっとお酒の勢いだと思いますが…何てったって紹興酒4本くらい空けてましたからw)


この刺激を忘れないよう!!自分の演奏に生かして行きたいと思います〜〜♪


ではではまた〜☆
22:19  |  雑記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2013.04.11 (Thu)

山田信晴 with Friends 終了しました!!

名古屋名物味噌煮込みうどんを食べる時に120%汁が飛んでしまって服やらズボンやらに味噌が付着してしまいます。いったいどうしたら良いのでしょうか。私の食べ方に問題が有るのでしょうか。こんばんはharuでございます。誰か食べ方教えて下さい(切実)


さてさて、更新するとかいいながらかなり日にちが経ってしまいましたが、改めて報告させて頂きます。

先月、3月28日、愛知県稲沢市民会館中ホールで行われた「山田信晴 with Friends パーカッション コンサート」、沢山の方々からご支援頂き大盛況のうちに終える事が出来ました。
会場まで足を運んでくださいましたお客様、また出演者の皆様、イベントに携わってくださった全ての方々に深く感謝するとともに、心よりお礼申し上げます。 

山田信晴、学生生活最後のコンサートということで、学生時代に関わった思い出深い作品を全10曲、ご来場頂いた皆様に心からの感謝の気持ちを込めて演奏させていただきました。
今回のコンサートの目的としては、普段の生活の中でなかなか関わる事の無い打楽器アンサンブル作品の魅力をより多くの方々(特に小、中、高校生や演奏会、コンサートを聴きにいくのがなんだかおっくうだなぁ…と思っている方)に伝えたい!!と思い開催致しました。

演奏会開催に至るまでには沢山の課題、問題点がありました。
自分が演奏会を主催するとなると、演奏の内容だけではなく、セッティング、楽器借用・運搬、舞台転換・照明・演出、時間設定・プログラミング、集客、日程調整…書き出して行くと本当にきりが無いくらい、演奏会前1週間は毎日夜中まで携帯パソコンとのにらめっこが続きました(苦笑)更に今回のコンサートで自分への挑戦として、全曲演奏+全曲MCという課題も付けていたので、当日はプレッシャーで押しつぶされそうでした。実は(笑)
しかし、コンサートに協力してくれた同級生や先輩、後輩達が進んでいろいろな仕事をお手伝いしてくれたり、私が気づかないうちに作業を終わらせていてくれたり…コンサートの宣伝の為にわざわざ色々な所に声をかけて下さったり、オリジナルのチラシを作って宣伝して下さった方もいて、本当に周りの人々に支えてもらい、助けてもらい、当日を迎える事が出来ました。

コンサートを進行していく中で、お客様の暖かい拍手、声援が聴こえる度、「人前で演奏するって事は、本当に、本当に幸せな事なんだ…今この場にいて下さる方々は私の出す一音一音をこんなに真剣に受け止めてくれているんだ…」と思い、演奏しながらちょっと涙ぐんでしまっていました(> <)

演奏会も無事に終演してロビーに出ると、本当に楽しかった!!来てよかった!!と沢山の方々に言って頂けて、本当に嬉しかったです…その中でも「チラシを見て今日聴きに来たんだけど、生きているうちにこういう音楽と出会えて本当に幸せだった、心から感謝しています。生きててよかった。ありがとう。」とおばあちゃんに言われた時、なんというか、他人の人生に幸せを与える事が出来たんだな…。役に立てたんだな…。と、もの凄く嬉しくなりました。

大学を卒業して、まだまだ不安な事はたーーーーーーーーーーーーーくさんありますが!!
自分が演奏する事で、誰かを幸せにする事が出来ると信じて!!頑張って生きて行きたいと思います(笑)

出演者の皆様!!楽器店の皆様!!今回の演奏会を応援してくれた皆様!!聴きに来て下さった皆様!!

それから、お父さん!お母さん!!


本当にありがとうございました!!!!
00:00  |  音楽  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)
 | HOME |